分離方法

Abstract

【課題】分離方法の提供 【解決手段】本発明は、新規で及び進歩性を有する手段で、溶離液の置換物としての分離プロファイルの部分を含むフラクションを利用することによる、ベタイン−含有溶液を分画するためのクロマトグラフィー分離方法に関する。該方法は、ベタイン又は他の生成物の収率又は純度に影響することなく、改善された分離容量及び分離効率を提供する。該方法は特に、逐次的SMB分離システムに適用され得る。 【選択図】なし

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (3)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2004533919-ANovember 11, 2004ダニスコ スイートナーズ オイ疑似移動床クロマトグラフィーによる分離方法
      JP-2006518664-AAugust 17, 2006フィンフィーズ フィンランド オイ擬似移動床システム及び方法
      JP-H08509362-AOctober 08, 1996カルター リミテッド糖蜜の分別方法

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle